読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私の目線の広告業界

広告会社に勤める若手広告マンの見ている世界.理想と現実のギャップを埋めるために活用ください,

転職しました。

お久しぶりです!

 

3月末に退職をし、4月〜学校に通いつつ就活をしていましたが

先日無事に広報職で内定を頂きました。

営業というキャリアから脱去できて、ひとまずほっとしています。。。

 

無知ゆえに、広告から広報への転職は簡単だと考えていましたが、

難しいということを今回知りましたので、ご紹介したいと思います。

 

1、そもそも広報職の椅子は少ない

広報は営業や販売職に比べて、人数があまり必要ではありません。

確かに前職のときを思い出してみても、どの企業さんも広報が数十人いるということは聞いたことがなかったです。

 

2、さらに広報職は人気がある

華やかな広告の世界というイメージや、「キラキラ広報女子」などとメディアがあおることもあり、大変人気なようです。

キャリアカウンセラーさんによると、元々少ない椅子にたくさんの応募が殺到するそうです。

 

3、経験者優遇

1、2の話を組み合わせると、どうしてもこうなってしまいます。応募してくる人は掃いて捨てるほどいる。それなら教育が必要ない経験者を入れよう、となります。

受かった会社の面接で言われましたが、広告会社は結局はCLの金だから失敗しても痛みは少ないが、自社の売り上げを担う広報はプレッシャーも強いし失敗したときに会社の業績にまるまる反映してしまうので、心持ちからして広告会社の仕事とは違うということだそうです。

 

**

相談をしていたキャリアカウンセラーさんには、博報堂で営業職だった人ですらどんどん選考で落とされる状況だと聞きました。でも広告会社でWEB広告やWEB関連業務を行っていた人は現在引く手数多だとか。なのでカウンセラーさんには広報だけでなく広告会社でのWEB関連業の仕事も進められました。さらに広報は上記のように難しいので営業も視野に入れた方が転職が容易い、と。

 

わたしは最初に「営業は考えていない。広報に転職したいので紹介してください」

と言っていたのに上記のような対応だったのでこの会社さんには見切りをつけて他社サイトで広報の仕事をゲットすることが出来ました。

 

受かった会社は、若い人を求めているということやわたしがWEB関連業務に興味があるということを知って受け入れてくれたようです。勿論広告会社の知識や経験もいかせると思います。

 

探せばあると思うので、転職の際は最後まで諦めないでください!

 

広告を非表示にする