私の目線の広告業界

広告会社に勤める若手広告マンの見ている世界.理想と現実のギャップを埋めるために活用ください,

わたしのとある1日(忙しい日ver.)

9時20分

出社。広告や媒体は業界的に昔から始業時間が遅め。接待とかが多いからかな?

出勤の電車内でもっと早く始業しているCLから電話がかかってきちゃうことも。

 

9時30分

今日午後から夜まで大忙しだから今のうちにチェックして返信して仕事を社内に振っておかなきゃ・・・

 

・CLから、TVCM改訂の見積依頼ね。去年と商品パッケージが変わったからそこをか変えたいのか。具体的にどこのことかな?CLに電話で聞いてみよう。

 

・もう一つ別のCLより前作ったポスターの増刷見積依頼の催促が来てる。早く出さなきゃ。印刷所からもらった見積にマージンを載せて見積書をPDFにして、添付・送信!

 

・あとは社内の媒体さんからメールの返信がきてる。あの雑誌の広告枠の原稿締め切りは○日ね。ありがとうございますメールは後で送ろう。

いや、この締め切り早すぎないか!?もう少し締め切りのびないか聞いてみよう。。

 

 

10時

電話ラッシュ

・CLさんさっきのTVCM改訂の件、具体的にどちらのことでしょうか〜?新商品の撮影とかもする?しかも予算内で追加してくれ?できるかクリエイティブ(制作)部門の方に確認をとりますね・・・

 

・媒体さん、あの締め切りだと間に合わないけど今月号なら出したいってCLが言ってくれてるんだよ。なんとか締め切りのびないか媒体社に聞いてくれません?

 

・社内を歩く。クリエイティブの人にさっきのことを聞いておこう。

「制作さん、お伺いしたいことがあるんですが今から10分程お時間いただけませんか?あのCLさんのTVCM改訂の件ですが新商品の撮影とかも予算内で追加してくれって…」

「無理だよ!!商品画像は責任が重いしスタジオも借りてやる必要があるからそれなりに金額はかかると伝えてください」

「・・・ですよね☆」

 

CLに電話をしとこう。

「うちで撮影するとそれなりにお金かかっちゃいますがお見積もりだしましょうか?」

「あ。じゃあ撮影なくていいです、他の道を探します 笑;」

 

12時

その他電話応対やメール返信やちまちました作業をしたり伝票処理をしているうちに昼に。やばい、今日は午後からデスクに戻れないのに終わらない。

泣く泣く30分で昼食を切り上げ不本意ながらお昼もお仕事・・

 

13時

今日はお昼から社内オリエン。

昨日CLから依頼があった内容を、上司やクリエイティブや媒体の人に向けてわたしがプレゼンをする。メンバーは5人もいるからスケジュール調整が大変だった。

 

「今年は去年とは趣向を変えてマスメディアではなくwebキャンペーンをしたいそうです。予算は300万円、エリアは当然全国でターゲットは20〜30代です。バズる企画をお願いしたいと言われました。」

 

「バズる だけが基準じゃ何をしていいか分かんないなあ。」

 

「では再度私の方で具体例を添えてヒアリングして参ります。次回の会議は○日でよければ予定をあけといてください。」

 

15時

TVCMの本編集(MA)

この前撮影したTVCMをスタジオで編集していく作業をする。

うちの会社のクリエイティブと、上司と、私と、CLと、制作会社の人で。

 

狭いスタジオにこもって、制作会社さんが編集したものを見てもらい、1つ1つオッケーを頂く。

営業の私はCLにインスタントコーヒーを入れ手渡したり横で寝そうになりながら何回も同じTVCMを繰り返し見ている。進行は基本的にクリエイティブがやる。

 

クリエイティブ「3回とったこのナレーション、どれが一番いいでしょうかね」

CL「なやむな〜2回目かな?」

私「(違いが分からぬ)」

 

はじめはあそこで撮影したものがこんなにもぐっとTVCMっぽくなるんだな〜と思いつつ何十回も同じシーンを見ていると、うとうと。。

1つのTVCMとはいえ3パターン作ったので結構かかったな。長い3時間が終わる。

 

18時半〜

そのままCLと飲み会へ。タクシーを捕まえるのに必死だよ。

居酒屋で談笑してそのまま帰路へ。

 

23時

家までは一時間かかるのでこんな時間に。明日も頑張ろう。