私の目線の広告業界

広告会社に勤める若手広告マンの見ている世界.理想と現実のギャップを埋めるために活用ください,

私が広告を仕事に選んだ理由

トピック「今の仕事を選んだ理由」について

 

今日は以前も少し書きましたが、なぜ今の仕事を選んだのか、書いていきます。

全力で広告業界目指されている人とはかぶる部分もかぶらない部分もあると思います。

 

以前少し触れたのは、なぜこの会社に入ったかということでした。 

 

koukokugirl.hatenablog.com

 この会社に入社した理由は、いずれ海外で働くという夢を叶えたかったという話を大学生のときにフリーのデザイナーさんに話したところ、専門的な仕事である広告制作の仕事+大手に比べて様々な経験ができる中小広告代理店を進められたためです

 

 

まず、今の仕事を選んだ理由に3つの軸があります。

グラフィックデザイン・印刷に興味があった

これが一番最初の理由でした。

わたしにはポスターやパンフレット、雑誌の紙面やパッケージのグラフィック制作をやりたいという夢があります。

ただ、新卒未経験・専門にすら行ってないなら制作会社でグラフィックデザイナーになるのは難しいので、

広告業界なら専門卒でない私でも入れる。とりあえず入社してからチャンスを見つけよう”

ということで広告会社を選びました。広告の他に印刷業界の面接も受けていました。

夢は少し叶いました。デザイナーには慣れていないけれど、どのような行程を経てグラフィックや印刷物が出来上がるのか見られたし、印刷の知識も少しばかり着いたので本当によかったです。

 

 

 

世の人を私の力で動かしてみたいんだ!!(苦笑)

これは広告業界志望の方だと多いですよね。

これも夢叶いました。TVCMで売り上げ上がったとか、消費者の反応があったとか、キャンペーンに応募殺到した、とかね。わくわくしました。(仕事自体はそれなりに大変だったけど)

 

 

 

いずれ海外で働きたい!てゆうか日本以外でも働けるようにならなきゃ。

ここからよりまじめな話になります。

 

大学時代に、優秀な同い年の外国人の友達が数人出来ました。

CO-OP制度(インターンシップのガチバージョンみたいなもの)で大学を通じて日本へやって来て、給料をもらいながら社会人と同じように会社で働いていました。

そして富士通楽天などの名だたる企業にエンジニアとして入社していきました・・

私と同い年で、ネイティブの私に比べれば日本語もおぼつかないです。

 

が、彼らは技術にものを言わせて私よりも高い給料(数万円なんて差じゃないよ)をもらって今も働いています。

 

既に日本で何年も働いているという方もいました。こちらはもっと日本語が話せない方です。でもロボットの研究所で働いており、最先端技術に関わっているようです。

 

彼らのように私も外国でも日本でも生き残れるようにならなくては。

 

それに高い給料にも関わらず定時退社しまくる余裕ある彼らの働き方を見て、

外国で働いてみたいという気持ちが芽生えたこともあります。

これもかなり大きかった。

 

 

 

そこでわたし、

なんでもいいから手に職つけて彼らのように外国でも働けるようにならなきゃ・・・

と焦りだす。

⬇️

でも当然専門学校行くだけのお金はない

⬇️

新卒未経験・専門にすら行ってないなら制作会社でデザイナーになるのは難しい

⬇️

せめて、私でも入れる(技術職に近い)広告業界に入り、チャンスを見つけよう

 

 

となりました。

結局広告会社では「手を動かす系」スキルはつかないなと分かりましたので(「頭で考える系」のスキルはつくかも。)目的は果たせたと言えるでしょう。

 

 

あとは、

広告のことを知っていたら企業の広報課とかにも転職しやすいだろうな〜と。

広報のお仕事も楽しそうです。

他には、扱う商品が一つじゃないし常に流行ものに触れられるのは楽しそうだな、と。

 

 

ただこうしてみるとほぼ夢が叶ってしまっているので、

そろそろ次のステージに行くのもいいかもしれないなと考えています。

 

 

このブログでは就活製の理想と現実のギャップを埋めてほしい一心で

ついついネガティブなことも書いてしまいますが、

今度もっとポジティブなことも書こうと思っています!