私の目線の広告業界

広告会社に勤める若手広告マンの見ている世界.理想と現実のギャップを埋めるために活用ください,

広告会社のお正月休みについて

体調が優れなかったり体調不良の彼氏を介抱したりしていたらこんなに時間がたってしまいました…!遅れた話題にはなりますが、広告会社の年始年末の休みについて書きます。




広告会社が休みが少ないことは有名です。
わたしは例外かもしれませんが・・・。
koukokugirl.hatenablog.com


今年の私の周りの人たちを実例としてリアルな広告人のお休み状況を書いていこうと思います。

ちなみに私は12月29日から1月5日までお休みでした。
やっぱり年始年末にイベントとかやっちゃうクライアントがいないので楽ですね…
ほんとラッキーと思ってしまいます。


年始年末に休みがなくなる理由の一番は、やはりイベントです。
他の人が休み=人が集まる施設にはイベントが盛り沢山、
ですのでそれを企画した広告会社はそこで働くことになるわけですね。
カウンドダウンイベント等を担当してしまった日にはもはや正月は一年で一番働く時期!になってしまいます。

あとは最近だと年始年末にだけ掲出される媒体(最近流行ってるのは年始年末の初詣の神社にビジョンを設置してCMを流すものなど)があったり、

クライアントの年始年末の社内の行事(餅つき?とか特別な場所への参拝とか何かのお披露目など)をTV局が取材することになって、
それに立ち会うとかそんなこともありますね。


あと上司は自分の担当ではなくても部下のクライアントのイベントには形式上顔を出す必要があるので平日よりも忙しい、なんてことにもなりかねません。


冒頭にリンクをつけた過去記事にも書きましたが、広告会社の仕事の忙しさは本当にクライアント次第です
選べないんですよね。
だから私も来年はクライアントの担当が変わって、年始年末の休みなんて1日しかない、なんて状況はあり得ます。

あとこの時期はイベントはもちろん、いつもはあまり外の仕事がない企画担当者もイベントスタッフとして駆り出されたりしてますね。


どうしても営業担当の話中心となってしまいますが、どんなクライアントが自分の担当になって、
どんなにみんなが休んでる時に休日がない人生でもいい!という方でないと、広告業界は辛いですね。