私の目線の広告業界

広告会社に勤める若手広告マンの見ている世界.理想と現実のギャップを埋めるために活用ください,

CLはプロの意見とか聞く気ないからね

厳密に言うと…
大半のCLはプロの意見とか聞く気ないからね
です!

コンサル的な立ち位置とは言われているのですが、なかなかそうも行かない話です!

ちなみにグラフィックデザイナーやウェブデザイナー、映像制作会社の人も同じことを思っている可能性大です。


今回のテーマについては、主にビジュアルにまつわるトピックと言えると思います。


TVCMの打ち方とかはデータに頼ればいいし、もっと効率を狙いたいCLなら結構アドバイスを求められるからです。
新聞の掲載面とかは直感でなんとなくわかる(ここは目につくなぁと自分で思う、とか)のでCLが自分でとっとと決めることが多いです。
あとはWEB関連については、多くのCLがそれに関して明るくないので丸投げに近いです。(これは別に問題ないです)


もちろんビジュアルだって、あまり情報入れ過ぎないほうがいいとか、
ここはこの文字色のほうが目立つとか統一感があるとかいろいろ専門的な工夫が凝らされるべきなのですが、
デザイナーが一生懸命持っている知識を詰め込んで作ったビジュアルは、CL提出後にどんどん壊れていきます。


以前ツイッターで、スマホかなんかの精密機器の電車の中吊り広告がひどいという記事を見たことがあります。

とにかくセンスの悪い書体や文字効果を使ったうえで情報がめちゃめちゃ羅列されていて、読む気も失せるし字が小さくて読めない…


記事を書いた人は

「きっと関係各所がああしろこうしろと好き勝手言うから広告の担当者が面倒くさくなってこれでいいんだろ!?って感じですべての要望をすくい取った結果こうなったんだろうなー」

みたいなことを言っていた気がしますが、


わ か り す ぎ る


もう入れときゃいいんでしょ?あん?ってなって作ると本当に悲惨なデザインのものができてデザイナーが悲しみます。(笑)

こんなものを私が作ったと思われたら恥ずかしいって言っていました。



その時は文字の色を変な色に変えられて、
二つ折りのパンフの表紙にも中面にもほぼ同じ情報を羅列するはめになって、
これをもらう人もたいそう迷惑だろうなという感じに仕上がっておりました。

やっぱり自分でお金を出したんだから自分で決めたいんですよね。(めんどくさいことはわりと簡単に丸投げしますけどね)


そんなに言うのなら、それでもいいけど、
回りまわって損をするのはご自身だと気づいているクライアントなら未来は明るいです!

一度非常に聡明なお仕事(専門職)の方々とのお仕事がありましたが、ちゃんと検討はするけど基本はプロにお任せしますので。というスタンスでいていただき、とても良い物ができました。それにそういうスタンスでいてくれるとこちらも嬉しいし頑張ろうと思えますよね。

ということでコンサル的な立場にはなかなか回れないものです。
もちろん先ほどのように任せるよ!と言われることもありますが。

あとはクライアントの営業さん、広告会社信頼度にもよるかもですね。