読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私の目線の広告業界

広告会社に勤める若手広告マンの見ている世界.理想と現実のギャップを埋めるために活用ください,

広告会社の部署について:クリエイティブ

ブログの「公開する」ボタンが押しやすすぎる位置にあるため、度々未完の記事をアップしてしまいスミマセン。

部署コラムの続きです。
広告会社の花形といえばクリエイティブと企画ではないでしょうか。クリエイティブ、もしくは制作と呼ぶこともあります。

わたしは元々クリエイティブ志望でした。
営業をやっている他の社員でも元々の希望はクリエイティブだったという方もチラホラ。

という感じで人気の職種!
一方で深夜までの残業や休みなしで働く姿をみて震え上がる人たちもいます。
好きじゃないとできない仕事だよ。という人はたくさんいます。

では、実際には仕事として何をしているのか。


前の記事でも書きましたが厳密には広告会社のクリエイティブが手を動かして何かを作っているわけではありません。
広告会社のクリエイティブがやるのは、基本的なアイデアの部分です。主な仕事は制作会社とのやり取り。
立ち位置はこんな感じ。CL-営業-クリエイティブ-制作会社 「-」の間で濃密なやり取りが発生します。

本来であれば同じ会社の営業とクリエイティブがCLに向かって頑張るのが自然ですが、
クリエイティブが制作会社に肩入れをして仕事が進まない(例えば、デザイン代値下げの交渉をしてくれないなど・・いや気持ちはわかるけどさあ それお前の仕事だからな。)ことも多々あります。
クリエイティブにとって制作会社は頼れるパートナーなのでそっちにいい顔をしてしまうこともあるんですよね。
(でもね、誰がお前の給料を払っているかということを、ゆめゆめ忘れるな)
つまりクリエイティブだけでは仕事はできません。制作会社の存在が必須です。


例えば、TVCMのコンペの誘いが来たとします。
(コンペはその名の通り 競争 です。他代理店と並んでアイデアやクリエイティブ力を競い、クライアントが選んだものが実際に使用されます。基本的には負けたとしたら仕事ももらえない上にコンペに出すまでに作ったものや人件費も戻ってはきません。広告会社だけが痛い目を見ます。)

こんな場面でこの商品をほしいと思う人が多いだろうからそれを訴求しよう、他社のCMとここで差を出そう。
など細かく企画を練って制作会社の人たちと一緒にアイデアを出し合います。キャンペーンの仕組みや細かい色使いについても。
ここすごく大変なお仕事です。アイデアなんかそうそう簡単に思い浮かぶものではないですから。


そうして出たアイデアをまとめて何案かに絞り、コンテをつくります。(制作会社がつくるときもある)
そしてすべての情報を集約して、クリエイティブが企画書を作成します。
それらをみてCLが実施案を決めます。
その後の細かい修正がCLから来て
CL▶︎営業▶︎クリエイティブ▶︎制作会社 の順に連絡がいき、作業が進んでいきます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
CL:ここは赤くしてほしいんです
営業:かしこまりました
↘︎
営業:クリエイティブさん、ここのテロップは赤くしてくれますか?
クリ:了解です。
↘︎
クリ:制作会社さん、ここのテロップ赤くしてくれますか?(出来るときは自分で修正もする)
制作:わかりましたー!はいできました
↘︎
クリ:営業さん、できましたよ
営業:ありがとうございます
↘︎
営業:CL様、できました。ここのテロップ赤くなりました。
CL:確認しました。これで進めてください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

そうして当日は制作会社のスタッフたちとディレクター、監督、クリエイティブで主に現場をしきって
撮影やアニメーション作成をしていきます。

その後の修正や納品もさっきのフローで進んでいきます。


このように広告会社のクリエイティブは、アイデアを考えて、制作会社の指揮を執っていくことが仕事です。
あまり手は動かさないです。
なぜかというと自分で手を動かすより外注した方が早くて安くすむからです。
だから広告賞だなんだといってもクリエイティブ担当一人の功績ではないんですよね。
陰で頑張った技術者が表彰されることはありませんが。

ひどいクリエイティブだと、「こんなキャンペーンやるんでポスター作ってね。あとよろしく」で制作会社にすべて考えさせて
あたかも自分が考えたように営業に提出してくる人もいます。な に も し て ね え

納期がタイトなときなどは、非協力的なクリエイティブは邪魔でしかないので営業と制作会社で直接やり取りをするときもあります。
でも優秀で協力的なクリエイティブが手がけるとキャンペーンが大成功することが多いので、社内でとても頼られます。


ちなみに制作会社から広告会社への転職者は多いです。
制作会社でレベルアップをして広告会社で指揮者になることは代表的なキャリアパスの一つのようです。


ということで、広告会社のクリエイティブは
・とても頭を使います
・制作会社への指示が仕事の大半です(つまり印刷やウエブなどの専門知識は必須)
・企画書作成をします
・制作会社との関係、社内での関係に揺らぎます(コミュニケーション頻発!な仕事)

すごくざっくりで申し訳ないですが、この通りだと思います。