私の目線の広告業界

広告会社に勤める若手広告マンの見ている世界.理想と現実のギャップを埋めるために活用ください,

媒体つづき:締め切りそしてトラブル多発

つづき


Web広告やOOHはそうでもありませんが、テレビラジオなら放映日、新聞雑誌なら掲載日がある、つまり締め切りがしっかりあります。

そうすると、
ここでトラブルが起こるんですよね…

媒体社の営業と広告会社の媒体+営業でてんてこまいになること山のごとしです。



クライアント「1ヶ月後にCM流すことは決めたけどどこにCMを出すかはもうちょっと考えたいし稟議もすぐに降りないよ〜」

1ヶ月前切ると、他のクライアントの注文もどんどん確定し、TVCMの枠が本気でなくなる。
でも客は出すと言ってるので無下に出来ない。(無下にしたら二度とその広告会社、そのテレビ局でCM枠買わないとか言われちゃうかもだからね)

でもこの時点では広告会社が先に一旦テレビの枠を買っていて、あとでクライアントにお金もらうというシステムなんです。元値で仕入れてマージン乗せて売るので商社とか小売と同じですね。

ここでクライアントの決定を待って、もしも結局決まらなくて「間に合わないっすてへぺろ」とかクライアントに言われたら、広告会社は少なくとも数十万〜の損害は免れません。

クライアントに請求しろって?
「なんでCM流れてないのに金払わなきゃならんの!?おかしいよね!?」って言われます。

なのでヒヤヒヤしながら待つわけです。
媒体は、テレビ局からはーやーく!はーやーく!って睨まれ、媒体も営業に早くしてください(汗)と急かさなければなりません。新聞などの場合も同様のことがあります。

この時営業は、局と媒体には「誰がお前らの給料払ってくれると思ってんだ黙って待て」と思い、クライアントには「ホント困るんですけどー。とっととしろ」と思っています。

あとは放送、掲載の前日にTVCMや原稿がまだ出来てないとかもありますwwww笑うしかないwwwwここでも媒体さんは局や新聞社に怒鳴られます。

関わると最悪ですが一応なんとか間に合うんですよ…新聞雑誌は印刷があるから難しいけど。

やばい書くことが多くて全然終わらない…