読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私の目線の広告業界

広告会社に勤める若手広告マンの見ている世界.理想と現実のギャップを埋めるために活用ください,

広告会社ってマジでTVCM作ってるの?

一つ挟みましたが最後のイメージシリーズ
続き行きます!
「TVCMを作っている」
「ディレクターと呼ばれる人がいる」

書いていて思いましたが、「ディレクターと呼ばれる人がいる!」ってふつう思いますでしょうか…?
広告賞とかみてると受賞者のところに「ディレクター」って書いてあったりするので私個人はそう思っておりましたが…

「TVCMを作っている」

厳密には…作ってないといえます。
わたしはすっかり最初から最後まで作ってると思っていたクチです…

では誰が作っているのかというと、
制作会社(プロダクション)です。

具体的に仕事の流れを話すと、
まず広告代理店のクリエィティブとプロダクションの人でクライアントの課題について話し合いアイデアを出し合い、絵コンテ(TVCMを4コマ漫画みたいにしたもの)をつくります。

企画が通ったら広告代理店のクリエィティブ担当の指揮のもと、制作会社が技術面の力を発揮してよいものができます。クリエィティブは出来たものをいちいちチェックするだけで、基本的に手を動かすことは少ないです。

だってそうしたほうが安いんだもん。

自分だけでやってたら人件費がかかって仕方ないということです。
だから広告代理店のクリエィティブは大して技術がなくてもなれます。
知識とコミュ力は必要だと思うけどね。
印刷の知識やファイル形式の知識とか、
あとは制作会社さんに値引き交渉するとか、安い値段でたくさん仕事やってもらうために褒めて伸ばすとかとかです。

私はこれを知った時、絶望感な苛まれました…
クリエィティブなんもクリエイトしてないじゃん…てなった。

そういうわけじゃないのですが、広告代理店のクリエィティブは手を動かすよりも頭で考えるほうが多いです。そして良いクオリティのものができあがるように作業全体を監督するお仕事です。
結局一番がんばってるのが制作会社さんだったりします。ひどいとアイデアそのものも制作会社さんのものだったりします。でも賞をとったらそれは広告代理店の名誉になるので、なんか報われませんね。なのでレベルアップしたら広告代理店に転職することが多いようです。
うちにも制作会社出身がたくさんいます。



「ディレクターと呼ばれる人がいる」とありましたが、ディレクターは監督という意味なので広告代理店のクリエィティブのことだとも言えます。が、TVCMを撮るときにいるんですよ…制作会社のディレクターが!ややこしいんです。

CMの制作現場に行くと、制作会社ディレクターと制作会社の監督と広告代理店のクリエィティブがいて指揮者がどれかよくわからなくなります。