読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私の目線の広告業界

広告会社に勤める若手広告マンの見ている世界.理想と現実のギャップを埋めるために活用ください,

広告業界、芸能人に会えるの? 後編

広告業界のイメージ2の後編いきます!

 

〜〜〜前回の引用〜〜〜〜

芸能人に会える華やかな世界

▶︎これは、「お客様の企業規模」と「自分の所属部署」によって

かなり左右されるかと思います!!!

 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

自分の所属部署、厳密に言うと自分の所属部署もしくは自分の担当クライアントになります。

 

所属部署に着いては、例えば自分が経済新聞を取り扱う担当者

(各部署についてはまた詳しく書くつもりですが、新聞社とのやり取り、例えば新聞の枠を押さえたり値引き交渉をするような仕事で、媒体局に含まれます。)であれば

新聞社主催の細事などもありますが、営業に比べるとイベントに立ち会う機会も少ないと思いますし、TVCMの撮影などに立ち会うことはまずありません。

Web広告の運用などをやっている部署もそれにあたりますね。

なので、芸能人に会う仕事をやる気満々で入社してこのような部署に配属されると想像と違った・・・となってしまうかもしれません。

 

その他に「自分の担当クライアント」についてですが、営業のわたしの担当内ではイベントを行なうクライアントはほとんどいません。また、TVCMを作るような大企業も多くはありません。となるとイベントでは会えないですしTVCM撮影で会うことも少なくなります。TVCMをとるからといって芸能人を起用する訳でもないですからね。

また、芸能人を起用する=お金がかかる=大きな仕事

とも考えられますので、スタッフだった場合は若い人よりもベテランの人に仕事が廻るかもしれませんね。営業担当であれば営業は必ず同行します。

 

ちなみにわたしは、上のように書きましたが、会社全体が企画したイベントなどでは何度か芸能人にお目見えすることが出来ました。また、TVCMの撮影でティーン雑誌のモデルさんとお話ししたこともあります。

 

話はそれますが、「TVCMに芸能人を使わない場合」はどうするのでしょうか。

無名の駆け出し俳優・女優などを使う場合ももちろんあるのですが、

広告会社社員が出演することもあります(コスト削減のため)・・・

私は二度TVCMに出演したことがあります。

あまり顔が映らない役や大勢の中の一人の役などは人を雇うまでもないのでわかりますが、場合によってはメインの役をやることも。滅多にないと思いますが・・・

私の先輩はCLに気に入られて出演することになり、TVCMにもポスターにも思い切り顔が出ていました笑

 

こんなこともあります、広告業界!