読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私の目線の広告業界

広告会社に勤める若手広告マンの見ている世界.理想と現実のギャップを埋めるために活用ください,

広告業界、芸能人に会えるの?

広告業界のイメージ2!

 

芸能人に会える華やかな世界

▶︎これは、「お客様の企業規模」と「自分の所属部署」によって

かなり左右されるかと思います!!!

 

「クライアントの規模」について。(クライアントは企業側、つまりお客様のこと。広告会社ではよくこの呼び方をします。略してCL)

芸能人を起用するとすれば、TVCM出演やポスター被写体、イベント出演が基本になると思います。

ただ、芸能人のランクにもよりますが、出演料や契約料は数十万円どころか数百万円は当然、場合によっては数億円になります。(無名のモデルや俳優の卵、旬を過ぎたタレントなどはこれよりも安くすむこともあります)

しかも、契約料、何百万円でその芸能人の映っているTVCM等を何年の何月までは流していいですよ、という契約の仕方をします。なので永久にそのCM素材やポスターを使える訳ではないのです。場合によっては「関東地区限定」などのエリア指定までかかる場合もあります。


さらに撮影時は交通費+マネージャーやメイク、衣装スタッフ数名を含めた交通費や食事代もすべてクライアント持ちになります。


その上に、TVCM企画料や制作費(数百万円〜)、TVCMの放送料(数十万円〜)またはポスターの印刷費(数十万円〜)、イベント運営費(数十万円〜)がかかってくる訳なので、相当資金が潤沢ではない限りは芸能人を起用するのは難しいです。

 

なので、もし入社した広告会社があまり大手企業との取引がない会社だった場合は、

そもそも既存顧客の中に芸能人を起用するようなTVCMを作らない(作る余裕がない)ようなCLしかいない可能性があります。

そもそもTVCMを流すこと自体にもお金がかかるのでTVCM自体作らないかもしれませんね。そのような企業は世の中にごまんとあります。


あとは対企業のサービスや製造業だと一般大衆向けにTVCMを打つ必然性がないので、工業製品の製造など行うCLが多い場合も、中々華やかなイメージの仕事はないかもしれません。

ないなら作ればいいじゃない!ということで新規営業を大手企業にかける手もありはしますが、何百万円もかける仕事は慣れて信頼できる会社に頼みたいのは当然です。中々入り込めないと思います。

ただし、コンペ(英語で競争という意味)に呼んでくださいと頼んで、作品の良さで勝負することも出来なくはないと思います。本当によいものを作れば、そこで仕事がけってする可能性はあると思います。ただ、ずっと付き合いがありCLのことを自分よりもよく知っている会社との戦いにはなりますが・・・

 

あと、私の会社の例でいくと、

大手企業のCLがいたとしても、大きい仕事は大手広告会社とやる、というポリシーの会社もあるので、付き合いがあるのに全く知らないところで大量の予算をつぎ込んだTVCMなどが作られていることもあります。

なぜ大きい仕事は大手でやるのかというと、

大手広告会社は他社に比べて給料や労働環境(オフィス・やれる仕事など)がよいので自然と優秀な人が集まってきます。せっかく高いお金出すならレベルの高い人が集まるところに任せようということです。大手だけを集めてコンペをする会社もあります。

他には社長同士のつながりなどもあるかもしれませんね。

私の会社は大きくはないですが、会長や社長の人徳で自動的に仕事をもらえることも少なくありません。

 

「自分の所属部署」についてはまた書きますね。